スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

アメリカ旅行記③

次の日のクリスマスイブの夕方には教会へ。みんな正装をして、クリスマスキャロルを合唱していて、本当に感動して涙がでそうになりました。そして、かっこいい。携帯でその様子をビデオで撮ったのでいつかUPします。

この後、もう1つの教会にも行きました。ここはもっと小規模でしたが、またみんなで合唱する時に私の目の前にいた、男性が少し離れたハンディキャップのある男性の肩を組んで、合唱していたのが忘れられません。
でも時差ボケで眠くてぶっ倒れそうになりつつも白目をむいてなんとか寝ずに耐えました。
7.jpg
夜が明けてクリスマス。ツリー下のプレゼントを開ける前に再び教会へ。何をするかというと、1人では不自由に暮らしている人達への差し入れを取りに。
義母の「困っている人を助けるのもクリスマスの1つ」というコメントにハッとさせられました。
いざ、リストに載っている人のお家を訪ねるものの、思ったよりも悲壮感はなくてホッとしました。
寄付は簡単だけど、行動に移す方がもっと大事ですものね。

11.jpg
クリスマスツリーの下には数え切れないほどのプレゼントが。
義兄とその息子と義伯母も集まり、みんな順番にプレゼントをあけること2時間。息子は彼のいとこと初対面を果たし、ほんの数秒ですぐ打ち解けて、その後もかくれんぼをしたり、それはそれは楽しそうでした。
12.jpg
13.jpg
とっても綺麗なテーブルセッティング。義母はとってもきちんとした人で家中、いつも綺麗に保つことができる人で学ぶことが多いです。
14.jpg
つづく。。

2012-01-11 : Trip : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Welcome to my blog

Thanks for visiting!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。